23区の清掃事業のために

平成12年4月、清掃事業は東京都から23区へ移管され、既に15年が経過いたしました。この間私たちは清掃事業という公共事業の担い手として、23区と区民の皆様に安全で快適な生活環境を提供することを使命として、誇りを持って、日々の業務に邁進してまいりました。私たちはこれからも23区清掃事業の責任ある担い手として、区民の皆様の信託に応える責務があります。
 特に高度に市街化し、800万人もの人口を抱える東京23区の清掃事業は、迅速・安全・確実な処理とともに、区民の皆様とのより良いコミュニケーションと信頼関係の確立が重要な要素であります。

 そのためには、この事業を担いうる優れた人材の育成が不可欠です。清掃事業従事者が業務についての正確な知識や技能を持ち、安全作業や、効率的な作業を実現するとともに、適切な接遇やマナーを通じ区民の皆様から信頼されなければなりません。

 研修センターは、多様で効果的な研修を通じ、優れた実務能力を有するとともに、高いコンプライアンスに支えられた人材の育成に全力を挙げてとり組んでまいります。


一般社団法人 東環保研修センター理事長  矢作 謙也